こまはなミラクル

ズレている家族(私含め)

ママ・主婦雑誌は面白い!今のオススメのママ・主婦雑誌と、その魅力を紹介します♪

 

f:id:komahana:20180821060733j:plain



私は主婦雑誌ーいわゆる主婦が読者として想定されている雑誌ーが大好きです。

子供の頃から母の買っていた雑誌を読んでいました。
その中には休刊してしまった雑誌もあったりしました。

それでも、まだまだ主婦雑誌はたくさん存在しています。
自分自身が主婦になってからも主婦雑誌に助けられています。

今回は、

  • 私のおすすめママ・主婦雑誌
  • 今までに愛読していたママ・主婦雑誌
  • ママ・主婦雑誌の魅力

について紹介したいと思います!

 

 


今読んでいるおすすめの雑誌

 

ESSE

 

私がこどもの頃からある雑誌です。

ESSE(エッセ) 2018年 09 月号

ESSE(エッセ) 2018年 09 月号

 

 


当時はちょっとおしゃれなイメージがありました。
(主婦の友とかと比べると)

今はバランスの良い雑誌だと思っています。
料理、やりくり、片付けといった主婦の基本をカバーしています。

ファッション系の企画があることもあります。

主婦にとって必要そうなこと、興味のありそうなことは大体載っている雑誌です。
とても読みやすいです。

 

LEE

 

ファッションが中心に載っている雑誌です。

 

LEE(リー) 2018年 09 月号 [雑誌]

LEE(リー) 2018年 09 月号 [雑誌]

 

 


「主婦におしゃれに不要」なんていう意見も昔はありましたが、今では化石のような話。
世の中の主婦は「動ける」&「おしゃれ」をしっかり両立させています。

今は主婦も浮かないファッションを意識していないといけない時代です。


ファッションにイマイチ興味の持てない私のような主婦には雑誌は便利です。
季節にあったファッションを毎号紹介してくれています。


主婦のファッションが載っている雑誌には、LEE以外にも、mama girlVERYなどがあります。
ファッションのテイストが自分に合った雑誌を選ぶと良いと思います。

 

mama girl(ママガール) 2018年 10月号 [雑誌]

mama girl(ママガール) 2018年 10月号 [雑誌]

 

 

 

VERY(ヴェリィ) 2018年 09 月号 [雑誌]

VERY(ヴェリィ) 2018年 09 月号 [雑誌]

 


LEEにはファッション以外にも料理などのページがあります。

 


婦人之友、かぞくのじかん

 

どちらも婦人之友社から出ています。

 

婦人之友 2018年09月号 [雑誌]

婦人之友 2018年09月号 [雑誌]

 

 

かぞくのじかん Vol.44 夏 2018年 06月号 [雑誌]

かぞくのじかん Vol.44 夏 2018年 06月号 [雑誌]

 

他の主婦雑誌とは違って、意識の高い主婦が多く出てきます。

そこには独自の思想があります。

私は羽仁もと子案家計簿がきっかけで読み始めました。
慣れるとハマる雑誌です。


字を読むのが好きなので、文字数が多い婦人之友の方が好きです。
毎号家計簿公開も載ってますし。
でも、年代的に合わない号も多いです。

かぞくのじかんの方は子育て世代の主婦にぴったりの雑誌になっています。

 

 

 

 以前に愛読していたママ・主婦雑誌

 

サンキュ!

 

サンキュ! 2018年 09 月号 [雑誌]

サンキュ! 2018年 09 月号 [雑誌]

 

 
結婚してすぐの右も左も分からなかった頃に読んでいました。

当時は本当に390円でびっくりしたのを覚えています。
(今は紙版は460円です)


料理のレシピが載っていて、あまり難しいものがなかったのが良かったです。
載っているレシピを見て良く料理していました。

やりくりについても分かっていなかったので、参考にしていました。

明るく読みやすい紙面が好きです。


家計管理の方法については勉強になりますが、具体的な数字はあまり参考にしない方が良いかも…

食費めっちゃ節約してるなー、とよくよく見たら一食分の食事がとても少ない…ということがあったりしました。

結局のところ、家庭は人それぞれなのだから、家計も人それぞれ、参考にする程度が良いんだな、と学んだ雑誌でもあります。

新婚時代、本当にお世話になりました。

 

 すてきな奥さん、主婦の友

 

どちらも、私がこどもの頃に読んでいた雑誌です。

 

主婦の友Deluxe 2018新年特大号 2018年 01月号

主婦の友Deluxe 2018新年特大号 2018年 01月号

 

 

新春すてきな奥さん 2018年版 (CHANTO臨時増刊)

新春すてきな奥さん 2018年版 (CHANTO臨時増刊)

 

 
どちらも今は休刊していて、増刊が出たりするのみとなっています。

すてきな奥さんの方は、CHANTOという雑誌名に変わって毎号出ています。
「働いていても、家事・育児もちゃんとしよう」というコンセプトの雑誌です。

 

CHANTO 2018年 09月号

CHANTO 2018年 09月号

 

 

 こどもだった私は、主婦の友やすてきな奥さん(ときどきESSE)を読むのが大好きでした。

主婦の仕事(料理、やりくり、掃除etc)について知るとともに、主婦という存在についても知ることが出来ました。



ママ・主婦雑誌の魅力について

 

結婚をすると、女性は基本的に主婦になります。

(ママになるかどうかは人それぞれですが…)


そこにはガイダンスや研修といったものはありません。
教えてくれる先輩もそばにはいません。 
([同居をする場合除く)

独りで主婦という海に放り込まれたような気持ちになります…


そういうときに「主婦とは何か
というのを教えてくれるのが、ママ・主婦雑誌です。

今の時代、ネットで調べたら大抵のことは乗っていますが、そもそも全体像が分からないと調べようがなかったりします。

ママ・主婦雑誌は、
主婦の多岐にわたる仕事の全体像を示し、その一つ一つの仕事に対するヒントを教えてくれます。


他の主婦の声が聴けるのもポイントです。

「みんないろいろあるけど、頑張ってるんだな」と思うことが出来ます。


まとめ


ママ・主婦雑誌は、孤独になりがちな主婦の助けになってくれます。

今の時代、ブログやインスタグラム、Twitterなどで、情報を得たりつながりを得たりすることもできます。

それでも何か物足りない、と感じたときはママ・主婦雑誌を読んでみましょう。


読みやすい形で、気軽にいろいろな情報が手に入る。
そこがママ・主婦雑誌の魅力です!!