こまはなミラクル

ズレている家族(私含め)

友達いない人は有料でも話を聞いてくれる相手を探すべし!!

 



私はずっと友達のいないぼっちでした。

結婚したりこどもが生まれたりして、自分をぼっちだと思う気持ちは少し薄れました。
相変わらず友達はほとんどいませんが…

過去の自分を振り返って、本当にぼっちは怖いと思いました。
話をする相手がいなかった私は明らかに迷走していました

友達を作ることができなくても、話ができる相手がいることは大切です。

 

 

 

話し相手が必要な理由

 

①ネガティブ思考になってしまう

 

人間は社会的生物と言われます。
話ができる相手がいないと寂しくなってしまいます。

独りが好きな人でも、続くと苦痛になってしまいます。
寂しさを抱えたままでポジティブ思考になれるわけがありません。

誰かがいれば、その人からパワーをもらえる可能性もあります(パワーを吸い取られる可能性もありますが…)

独りだとパワーをもらうこともなく、ネガティブなままでいることになります。

 

 

②話の仕方が分からなくなる

 

人は話をしないと、話の仕方さえ忘れてしまいます。

話をする、と一言で言っても、いろいろな技術や心配りなどが必要です。
それを忘れてしまうと、話がうまくできません。

もともと人と話をするのが苦手で独りでいるのに、さらに苦手になってしまいます。
独りから抜け出すのがどんどん難しくなってしまいます。

 

 

③自分の事も分からなくなる


独りでいると、自分の考えていることなどを人に話すことがありません。

人は社会的生物なので、人から反応をもらうことで自分を形作ります。
人の目を意識することで、自分というものを知ります。

独りでいるとそれができません。
反応がない自分の世界の中だけで、自分の声だけを聴くことになってしまいます。

人の目を意識することがないと、自分のことも分からなくなってしまいます。

 

 

 

友達のいない人にとって、話ができる相手がいることは大切です。
でもそれは、友達がいない人にとってなかなか難しいことです。

 

 

難しい理由

 

①相手を見つける労力をかけられない

 

独りでいる人が、話し相手を見つけようと思っても簡単にはいきません。
人がいるところへ行き、話しかけて…といったステップを踏むことになります。

それが大変なので、独りでいいや、となってしまいます。

普通の人が考えている以上に
独りでいる人にとって相手を見つけることは難しいです。
そんな労力をかけたくないと思ってしまいます。

 

 

②ギブアンドテイクのギブができない

 

話し相手を見つけるといっても、相手にも気持ちがあります。
何の得にもならないのに話を聞いてくれる相手はまずいません。

人間関係はギブアンドテイクと言いますが、独りでいる人はギブをするのが苦手です。
相手から貰うばかりの関係では、長く続かないでしょう。

 

 

③人と会いたくなくなるときがある

 

独りでいる人にとって、人と会うのはとても疲れることです。
楽しいことが多くても、心も体も疲れてしまってどうしようもないときがあります。

ちょっと独りでゆっくりしたい…と思ってしまいます。
いくら好きな相手でも、です。

相手からしたら理解できない考えなので、好かれていないんだと思ってしまいます。
結局、関係が長く続きません。

 

 

 

 

自分で見つけられないなら、有料でも話し相手を探そう

 


f:id:komahana:20180709062152j:image

 

 

自分で見つけるのが難しいなら、有料でも話し相手を探すべきです

 

例えば、占い師のところに行くという手があります。
私も昔、何人かの占い師のところに相談に行きました。

 

占い師にも能力の差がありますし、相性もあります。すぐに自分に合う占い師と会える可能性は低いです。
イマイチだと思ったら他へ行きましょう。

 

それに、占い師のいうことを絶対に聞かないといけないわけではないです。

 

大事なのは、

 

  • 他人に自分のことを話す、という過程の中で考えを整理できること。
  • 他人からの反応を貰って、そこから気づけることがあること

 

です。

 

それによって、

 

  • ネガティブ思考から脱する可能性が生まれる
  • 話の仕方を忘れないでいられる
  • 自分のことを知ることができる

 

ことができます。


 

占い師でなくても、カウンセリングも有効です。

私は対面のカウンセリングはしたことがありませんが、メールカウンセリングはしたことがあります。
文字であっても、やっていることは対面と変わらないので、ほとんど変わらない効果が得られると思います。

 

今は以前よりも、もっと簡単に占い師やカウンセラーを利用できるサービスもあります。

 

ココナラメール占い

 

手ごろな値段で続けられるので便利です。自分に合う人を探してみましょう。



占い師にしてもカウンセリングにしても、あまり高額すぎないものを選びましょう。
無理なく続けられることが大切です。
もちろん、数十分~数時間にかけて人の時間を買うわけなので、ある程度の出費は覚悟した方が良いです。

 

 

まとめ

 

友達がいないことは決して恥ずかしいことではありません。
独りでも楽しく生きていくことはできます。

ただし、話し相手がいない、話を聞いてくれる相手がいない、というのはマイナスになることも多いです。


有料でも良いので、話を聞いてくれる相手を探しましょう!!


無理のない範囲で少額から始めていきましょう♪