こまはなミラクル

ズレている家族(私含め)

こどもの目やに、充血に注意!あとから別症状が出ることも(体験談)

 

熱などと比べて、目やにや充血といった症状は軽く見てしまいがちです。

私もこどもの目やに、充血を甘く見てしまいました。
今そのせいでちょっと後悔してる、っていう話です。

あとから別の症状があらわれて、病名が判明するってこともあるんですね。

 

 

 

 

園から呼び出しがかかる⇒早退、眼科受診まで

 

 

f:id:komahana:20180629061943j:image

 

 

先週の半ば、長男が通っている療育園から電話がありました。

目やにが良く出ているのと、微熱(37℃くらい)があるので、お迎えに来てください、という事でした。

お迎えに行くと、長男の目には確かに目やにがありました。
しかし、とっても元気でもっともっと遊びたい!という様子でした。
家に帰って体温を測ると36℃台の平熱でした。

目の症状以外見られなかったので、近所の眼科へ行くことにしました
動く長男を押さえつけて、何とか診察。
結膜炎という診断が出ました。

人にうつすタイプのものかもしれないということで数日療育園はお休みすることに。
2種類の点眼薬を1日3回点しました。


 

良くなってきたかと思いきや、突然の発熱⇒小児科受診まで

 

 

目以外の症状がなく元気だった長男。
早く療育園に行って欲しいなー、と願う私(切実)
今週の初め、眼科を再受診しました。
そのときには、ほとんど目やにも引いていましたし、充血もなかったです。
眼科の先生にも、療育園に行っても良いという許可をいただきました。


これで通常の生活に戻る♪と安心していたのですが…


翌日、療育園に行く準備をしていた私。
長男の様子を見にいき、何気なく身体を触ると熱い!!

熱が38℃台だったので、療育園は休むことに。
そのとき目やにも出ていました。
私たちは今度は小児科へ行きました。

小児科へ行くと、喉やリンパの腫れがあるといわれました。
いくつか検査をして、判明したのは…

 

アデノウイルスと溶連菌の感染でした!!


もちろん療育園は休むことに。
少なくとも今週いっぱいは休まないとダメみたいです。

その日から目やに、充血は復活、高熱が出てこの2日しんどそうです。

そういえば、小児科受診の少し前から、食欲が落ちていたり、ウンチがゆるめだったりしていたな(後から気づく)
夏バテだと思っていた…

目やにと充血症状だけのときは、完全に甘く見ていたな、と反省しました。

 

 

他に少しでも症状があったら、こどもの目やに、充血を甘く見ない方が良い!!

 

 

今思えば、療育園から微熱があるという報告を受けたことを軽く見すぎだったと思います。
平熱が36℃台後半で少し動いたら37℃にすぐなってしまうので、今回もそれかな、と思ってしまいました。

眼科の先生に微熱があったことを報告していればもっと早く気づけたのではないかな、と思います。
念のために最初から小児科を受診しておいても良かったな、とも。

点眼薬を使っているのに目やに、充血が数日治らなかったのも、今思えば注意すべきポイントでした。
微熱がなくてもこれはおかしい、と気づけば、先生に対する伝え方も変わったかもしれません。

眼科の先生に最初から気づいて欲しかった気持ちもあります。
でも、私自身が軽く見ていたので、伝え方が甘かった部分も大きいと思っています。

 

 

まとめ

 

 

こどもの目やに、充血を甘く見てはいけません。
そのときは他に大した症状がなくても、あとから出てくる可能性があります。

よく観察して、少しでもおかしいと思ったら受診することが大切です。

受診したときも、目やに、充血だから…と甘く見ずにしっかり先生に症状をすべて伝えた方が良いです。
こちらの伝え方や気持ちの強さは、向こうにも伝わるはずです。

私もこれから気を付けます…