こまはなミラクル

ズレている家族(私含め)

NEWSの小山慶一郎さんにファンレターとハガキを出しました。


 

私はNEWSが好きです。小山慶一郎が好きです。

未成年に飲酒をさせた件で、現在活動自粛中の小山さん。
今後のことが気になりますが、何かできることをと考えて、ファンレターとハガキを書いてみることにしました。

 

 

f:id:komahana:20180622055331j:plain

 

 

 

右上のハートがいびつすぎますね!!


ファンレターやハガキを初めて出してみて、いろいろ考えました。
そのことについて書いてみたいと思います。

 

 

 

(1)思いを言葉にする大切さ

 

 

f:id:komahana:20180621051046j:plain

 

 

思いを言葉にする大切さを身にしみて感じました。
6年間ファンをやってきて、なぜファンレターやハガキを出してなかったんだろう?って思ったくらい。

ファンレターやハガキを出そうと思ってもすぐには書けませんでした。
便せんや切手、ハガキを買いに行きました。
すぐには選べず、結構な時間迷いました。

書きだそうと思っても、なかなか言葉が出てきませんでした。
出てきても、漢字や語句の選択に自信が持てず、何回もスマホで調べました。

そのときに、小山さんへの私の思いの大きさに自分でもびっくりしてしまいました。
こんなに、会ったこともない一人の人間に、私は時間や手間をかけられるんだなあ、って。

思いを言葉にしようとすることによって、自分の思いを再確認することができました。
有意義な時間だったと思います。

 

 

 

(2)信じるということ

 

 

信じる、ということについて書いている間よく考えました。

小山さんが今後このようなことを起こさないと信じることは私にはできません。
私は冷めたところがあり、小山さんは弱い部分がある一人の人間だと思っています。

でも、別の意味で私は強く小山さんを「信じて」います。
小山さんが今後どのようになっても、私は小山さんを好きでいることができる、と信じているのです。

会ったこともない30代の男性が、私の希望通りになると信じることはできません。
信じられるのは自分だけ、というのが年を取った私の正直な気持ちです。

どうにもならない、遠い存在である小山さん。
でも、「信じる」ことで私は揺らがないでいることができます。
強くなることができます。

だから、私は小山さんを信じようと思います。

 

 

(3)アイドルってやっぱりすごい

 

 

アイドルは、愛について教えようとしているわけではありません。
ただファンのひとりひとりに愛を感じさせる。
すごいと思います。

ただ歌ったり踊ったりしている姿が好きで、つまりは見た目が好きで小山さんのファンをしていたつもりでした。
でも、今回手紙やはがきを書いて気づいたのは、私の中にいろいろな「好き」があることでした。
さらに、いろいろな「気持ち」がある中で、上に書いた通りの「信じる気持ち」も私の中に存在していたことでした。

今の状況の小山さんは決して尊敬に値するわけではないはずなのですが。
考え始めるとやっぱり「尊敬」の気もちも私の中にあるな、と思います。

いろいろな気持ちを私に抱かせた小山さんはすごい。
アイドルっていう仕事は尊い!!

 

 

まとめ

 

 

今回私はファンレター1通とハガキ3枚を書いて出しました。
ハガキや便せんを買いに行く時間、書く時間、ポストに投函しに行く時間を合わせて3時間以上はかかっています。
もちろんお金もかかりました(1000円ちょっとですが)

今そういう風に手紙を出したり、FAXやメールを出したり、電話をしたりしているNEWSファンはたくさんいると思います。
他の方法をとって思いを伝えている方もいるかもしれません。

全員が今回NEWSのために費やしたお金や時間を足すとどれくらいになるんだろう?

小山さん以外のメンバーのファンで仕方なくやっている人もいると思いますが。
(なんとなく申し訳ない気持ち…)

やらかした張本人である小山さんのファンもいると思います。

やらかしたことが原因でも、ファンは頑張ってしまう。
貴重な時間を使ってしまう。


やっぱりアイドルってすごいなあ、と思います。
お金や時間をその人のために使っても良い、と思えるのですから。


アイドルとしての小山さんのすごさを再確認しました。
でも、今回の件に関して全く許しているわけではないです。
迷惑をかけた人やファンに謝ってほしいです。


そしてなにより、NEWSがまた活動できることを信じるのみです。